SQUEEZE

資料ダウンロード

ニュース

プレスリリース

ホテル業界のDXを推進するSQUEEZEと八芳園が連携、宿泊主体ホテルでも美味しい料理を楽しめる!フードデリバリーでの協業を開始

株式会社SQUEEZE(代表取締役:舘林 真一、「SQUEEZE」)は、株式会社八芳園(本社:東京都港区/取締役社長:井上義則、「八芳園」)とフードデリバリーにおける協業を開始いたします。八芳園の提供する料理をSQUEEZE運営ホテル客室で味わえるなど、宿泊主体ホテルでも「食」を楽しめる新たな宿泊体験を創出してまいります。

 

 

 

協業の内容と意義

今回の協業により、八芳園のもつフード開発・プロデュース力とSQUEEZEが推進するホテルDX領域を掛け合わせ、両者で「食」を通した宿泊者の体験価値向上を目指してまいります。

【主な取り組み領域】
・スマートホテルおよび宿泊主体ホテルにおけるフードデリバリーの仕組み創出
・ファミリーやグループ宿泊者の体験価値向上
・オペレーションシステム/仕組みにおける実証実験

さらに、同業・異業種企業、各⾃治体と共同でのプロジェクトに取り組み、⼈と⾷を結ぶ持続可能な価値の共創へと取り 組む⼋芳園と、宿泊産業のDXを推進する企業として持続可能な開発⽬標「SDGs」へ取り組むSQUEEZEは、お互いに両 社の取り組みに賛同。この度の協業によりさらなる地域・社会貢献へと努めてまいります。

八芳園が取り組むフードロス削減

「継承と創造」を基本とし、人と食を結ぶ持続可能な事業づくりを行っている八芳園は、これまでのプロデュース事業の中で培ってきたフード開発力の強みを活かし、山梨市での未利用の農作物などを活用した、フードロス削減へと繋がる新たな食の商品開発・ふるさと納税返礼品開発など、販路拡大に取り組んでおります。

 

第1弾はいちごとベーコンチーズのピザを販売!

協業による取り組みの第1弾として、SQUEEZEの運営する「暮らすように泊まれる」ホテルMinn上野( https://minn.asia/ueno/ )において、八芳園の提供するフルーティピッツァを客室で楽しめるプランをスタートいたします。

Minn公式サイトから、Minn上野の予約ページよりご予約の方を対象にオプションでフルーティピッツァが購入可能です。
※3日前までのご予約で全ての宿泊プランが対象になります。
ご予約はこちら

※写真はイメージです

グループでのご利用も可能な広々とした客室で、美味しいフルーツピザがお楽しみいただけます!
見た目もかわいいピザを囲んでみんなでシェア。みんなに自慢したくなる逸品です。

*ピザには卵、乳製品、小麦粉が含まれています。
*ピザの種類は季節により異なります。
*ピザは1枚約21cm(2~3名)

Minn your second home について

Minn(https://minn.asia/)は少人数からグループまで一緒に宿泊できるアパートメントホテルです。
仲良しグループや大好きな家族と同じ部屋で快適に過ごせる空間をご提供いたします。
また、24時間施設を見守るクラウドレセプションがゲストの旅を遠隔でサポートいたします。
スマホから事前にチェックイン登録を済ませることで、ホテル到着後のチェックイン手続きは簡単スピーディー。

キッチンも備えたゆとりのある客室では、ご友人やご家族とのいつもとは違ったひと時を楽しんでいただくことができ、パーティやイベントでの利用にも最適です。今回の八芳園との連携により、美味しい食事がその滞在に華を添えます。

Minn上野 客室の一例

SQUEEZEが取り組むSDG

当社は宿泊産業のDXを推進する企業として、持続可能な開発目標『SDGs』に取り組みます。
SDGsとは、「誰一人取り残さない(No one left behind.)」を合言葉に 2015 年に国連が採択した先進国を含む国際社会全体の 2030 年に向けた 環境・経済・社会についての世界共通のゴールです。

<当社で取り組む事例>
・電力における再エネルギー活用
・カンボジアでの雇用創出
・フロントでのペーパーレス対応(モバイルチェックイン等)
・キャッシュレスや領収書の電子版推奨
・エコ清掃
・契約書のクラウド契約、電子化、等

八芳園について

八芳園は、昭和18年の創業以来、豊かな自然環境づくりと、食生活への奉仕を通して、社会に貢献する総合イベントプロデュース企業です。「日本のお客様には心のふるさとを。海外のお客様には日本の文化を。」を理念に掲げ、「OMOTENASHIを世界へ」をミッションとして、MICE、結婚式をはじめとした、宴会・レストランなどの企画運営を展開、都心にありながらも江戸時代から続く約1万坪の由緒ある庭園を維持し、お客様へ至福の時を提供しています。

 

【株式会社八芳園】
会社名:株式会社八芳園
事業内容:総合プロデュース事業
代表者:井上義則
創業:1952年9月
会社HP:https://www.happo-en.com/

【株式会社SQUEEZE】
会社名:株式会社SQUEEZE
事業内容: スマートホテル事業 (クラウド型ホテル運営ソリューションを活用した自社ブランドホテルの運営)
ソリューション事業 (クラウド型ホテル運営を可能にするシステムやソリューション提供、コンサルティング等)
資本金:2,217,140千円(資本準備金含む)
代表者:舘林 真一
創業:2014年9月
会社HP:https://squeeze-inc.co.jp/

当社は「空間と時間の可能性を広げるプラットフォームになる」という企業ビジョンのもと、2017年にホテル・民泊などの宿泊事業者向け運営SaaSである「suitebook」の提供を開始。ソリューション事業として、suitebookの販売、宿泊施設のデータ分析を活かした開業・運営コンサルティング等、顧客が必要とするあらゆるソリューションをワンストップで提供できる体制を整備してまいりました。また、スマートホテル事業として「Minn – ミン」、「Theatel – シアテル」という自社ブランドのもと、直営ホテルも展開しております。自社ソリューションを用いた次世代クラウド型宿泊施設の企画・運営を通し、宿泊産業のデジタルトランスフォーメーションを目指してまいります。