SQUEEZE

資料ダウンロード

ニュース

プレスリリース

SQUEEZEのクラウド宿泊運営システム「suitebook」と鍵管理システム「Keycafe」が連携開始。物理鍵ホテルでも無人化・省人化オペレーションが可能に

ホテル運営のDXを推進する株式会社SQUEEZE (本社:東京都港区、代表取締役:舘林 真一、以下、「当社」) と、キーカフェ・ジャパン合同会社 (本社:東京都渋谷区、社長:小河内 亮 )は、クラウド宿泊運営システム「suitebook(スイートブック)」( https://suitebook.io/ )と鍵の受け渡しが無人でできる「Keycafe」( https://www.keycafe.com/ja/ )とのシステム連携を開始いたしました。

suitebook × Keycafeが実現する、ホテル運営の効率化

「Keycafe Smartbox」はボックス型の端末とタッチパネルを備えており、施設側が鍵やカードキーをボックスに入れて、ゲスト特定の暗証番号を付与することができます。ゲストはタッチパネルから暗証番号を入力するだけでボックスから鍵やカードキーを受け取ることが可能です。暗証番号はゲストごとに有効期間限定で設定できるので、宿泊運営においては、予約に紐づけて滞在期間中のみ利用可能という設定ができます。

客室の鍵にシリンダーキーやカードキーを採用している宿泊施設では、現状鍵の受け渡しをフロントスタッフが対応するオペレーションとなっており、施設はフロントの固定人件費やシフト調整等の間接コストを抱えながら運営をしている現状があります。また、物理的な鍵からスマートロック等の最新デバイスに切り替えるためには、客室ドアの取り替えの施工費など多額の再設備投資が必要になります。

今回のシステム連携により「Keycafe Smartbox」を活用することで、設備投資を最小化しつつ、一部のフロント業務を効率化させることが可能です。当社が提供するクラウド宿泊運営システム「suitebook」とのAPI連携により、ゲストごとの予約に紐づけた特定の暗証番号が自動発行されます。モバイルチェックイン機能・クラウドコンシェルジュを合わせてご利用いただくことで、一連のチェックイン・チェックアウト業務を遠隔オペレーションにて対応することが可能になり、コロナ禍で高まる固定費の削減や非対面・非接触対応(ニューノーマル)へのニーズにも応えることができます。

左:Keycafe利用イメージ、右:Minn上野フロント

 

 SQUEEZEが提供するクラウド型ホテル運営ソリューション

クラウド型ホテル運営ソリューションとは、ICT及びクラウドワーカーを活用して省人化された宿泊施設の運営ノウハウを、機能ごとに分解(アンバンドル)して宿泊施設に提供する仕組みです。
ICTを活用することで非対面でのチェックイン・アウト業務を可能にするだけでなく、オンラインコンシェルジュが多言語でのゲスト対応をすることで、1つの拠点から複数の宿泊施設を最適に運営管理することができます。
これにより宿泊業界の大きな課題である重い固定費を変動費化することで、損益分岐点を下げGOP(営業粗利益)の大幅な向上が見込めます。

 

 

このようにホテル運営を効率化するオペレーションシステムが、当社が提供するクラウド宿泊運営システム「suitebook(スイートブック)」です。これまで当社では、ホテル、民泊、旅館等、約1,000室を運営受託してきました。そのノウハウと運営実績を活かしながらシステム開発を行っております。さまざまな媒体を経由して発生するゲストの予約情報やゲスト情報を一元管理することで、遠隔地からでも漏れのない効率的なゲスト対応や清掃管理が可能です。また、複数のチェックインシステムやスマートロックともAPI連携が可能であり、キーレスで無人フロントのオペレーションへの最適な仕組みを提供しております。suitebookは現在、全国約2,300以上の施設に導入され、ホテル運営プラットフォームとして、多くの企業・宿泊施設様にご利用いただいております。

Keycafeについて

Keycafeは北米・欧州・アジアなど世界中の企業に利用されている鍵管理システムKeycafe Smartboxを開発・販売・運営しています。宿泊・不動産・レンタカー・社用車管理など幅広い業種で利用されているSmartboxは遠隔・無人での鍵管理をパソコン・スマホから可能にして、ビジネスの自動化・非対面化・省コスト化に貢献しています。有効期限付きの暗証番号、リアルタイムでの受け取り通知など、きめ細やかなアクセス管理が可能で、Smartbox単体でも、API連携をしているパートナーのアカウントからでもご利用可能です。

株式会社SQUEEZEについて
設立:2014年9月
本社所在地:東京都港区北青山3-3-7 第一青山ビル3F
代表者:舘林 真一
資本金(資本準備金含む):2,217,140千円
URL:https://squeeze-inc.co.jp/
事業内容:
– スマートホテル事業
クラウド型ホテル運営ソリューションを活用した自社ブランドホテルの運営
– ソリューション事業
クラウド型ホテル運営を可能にするシステムやソリューション提供、コンサルティング等

当社は、「空間と時間の可能性を広げるプラットフォームになる」という企業ビジョンのもと、2017年にホテル・民泊などの宿泊事業者向け運営SaaSである「suitebook」の提供を開始。プラットフォーム事業として、suitebookの販売、宿泊施設のデータ分析を活かした開業・運営コンサルティング等、顧客が必要とするあらゆるソリューションをワンストップで提供できる体制を整備してまいりました。また、スマートホテル事業として「Minn – ミン」、「Theatel – シアテル」という自社ブランドのもと、直営ホテルも展開しております。自社ソリューションを用いた次世代クラウド型宿泊施設の企画・運営を通し、宿泊産業のデジタルトランスフォーメーションを目指してまいります。

キーカフェ・ジャパン合同会社について
設立:2017年10月
本社所在地:東京都渋谷区神南1-6-5
代表者:小河内亮
資本金:5,000千円
URL:https://www.keycafe.com/ja/

Keycafeは北米・欧州・アジアなど世界中の企業に利用されている鍵管理システムKeycafe Smartboxを開発・販売・運営しています。宿泊・不動産・レンタカー・社用車管理など幅広い業種で利用されているSmartboxは遠隔・無人での鍵管理をパソコン・スマホから可能にして、ビジネスの自動化・非対面化・省コスト化に貢献しています。有効期限付きの暗証番号、リアルタイムでの受け取り通知など、きめ細やかなアクセス管理が可能で、Smartbox単体でも、API連携をしているパートナーのアカウントからでもご利用可能です。キーカフェ・ジャパン合同会社はKeycafe, Inc.の100%子会社です。

 

【本プレスリリースに関するお問合せ先】
株式会社SQUEEZE 
広報担当:pr@squeeze-inc.co.jp