SQUEEZE

資料ダウンロード

ニュース

プレスリリース

宿泊業界のDXを推進する株式会社SQUEEZE、情報セキュリティマネジメントシステム「国際規格認証(ISMS認証)」を取得

株式会社SQUEEZE(代表取締役:舘林 真一、以下「当社」)は、情報セキュリティマネジメントシステムの第三者認証基準である国際規格「ISO/IEC 27001:2013」および国内規格「JIS Q 27001:2014」(※)の認証を取得したことをお知らせいたします。

ISMS認証取得の背景

当社は、「空間と時間の可能性を広げるプラットフォームになる」という企業ビジョンのもと、ホテルのクラウド運営を可能にするソリューションを提供してまいりました。海外拠点または在宅環境からでもホテルのフロント業務を行うことのできる遠隔オペレーションや、非対面・非接触型モバイルチェックイン、最新のIoTなどの多様なシステムと柔軟に連携できるフロントシステム「suitebook」の提供を通じて、宿泊産業のデジタルトランスフォーメーション(「DX」)を推進しています。

この事業活動において、お客様からお預かりする機密情報を含む多くの情報資産を取り扱っており、すべてのステークホルダーの期待に応えるためには、これらの情報資産を保護する事は経営上の最重要課題であると認識しています。よって、私たちは、情報セキュリティ方針を策定し、本方針に基づいて、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)を構築・運用し、継続的改善に全社を挙げて取り組むことをここに宣言し、認証取得に至りました。

ISMSの認証範囲

登録組織 株式会社SQUEEZE 東京オフィス
認証規格 ISO/IEC 27001:2013 & JIS Q 27001:2014
認証登録番号 IA210082
認証承認日 2021年4月16日
認証登録範囲 1.DXソリューション事業(システム開発並びにコンサルティング)

2.スマートホテル事業(宿泊施設の運営管理)

認証機関 EQA国際認証センター

※ISMS(Information Security Management System)認証とは、情報セキュリティ管理体制が、国際規格である『ISO/IEC 27001:2013』に適合していることを第三者認証機関が認証する制度です。

 

株式会社SQUEEZEについて

設立:2014年9月
本社所在地:東京都港区北青山3-3-7 第一青山ビル3F
代表者:舘林 真一
資本金(資本準備金含む):2,217,140千円
URL:https://squeeze-inc.co.jp/
事業内容:
–  スマートホテル事業
クラウド型ホテル運営ソリューションを活用した自社ブランドホテルの運営
– ソリューション事業
クラウド型ホテル運営を可能にするシステムやソリューション提供、コンサルティング等

当社は、「空間と時間の可能性を広げるプラットフォームになる」という企業ビジョンのもと、2017年にホテル・民泊などの宿泊事業者向け運営SaaSである「suitebook」の提供を開始。プラットフォーム事業として、suitebookの販売、宿泊施設のデータ分析を活かした開業・運営コンサルティング等、顧客が必要とするあらゆるソリューションをワンストップで提供できる体制を整備してまいりました。また、スマートホテル事業として「Minn – ミン」、「Theatel – シアテル」という自社ブランドのもと、直営ホテルも展開しております。自社ソリューションを用いた次世代クラウド型宿泊施設の企画・運営を通し、宿泊産業のデジタルトランスフォーメーションを目指してまいります。

 

【本プレスリリースに関するお問合せ先】
株式会社SQUEEZE 
広報担当:pr@squeeze-inc.co.jp