会社情報

社名 株式会社 SQUEEZE
代表取締役 CEO 舘林 真一
取締役 COO 中川 渉
取締役 CTO 関根 裕紀
設立日 2014年9月1日
資本金(資本準備金含む) 519,080千円
本社所在地 〒107-0061 東京都港区北青山3丁目3番7号 第一青山ビル3階
ご提供サービス mister suitesuitebookigloohomemister suite labminn
加盟団体 VRMA
公益財団法人日本賃貸住宅管理協会
新経済連盟

社名とロゴの理由

社名の「SQUEEZE」という言葉には「...を詰め込む」という意味があります。世の中にある資産を活かし、もっと「価値」がぎゅっと詰まった社会を創っていきたいという思いを込めて名付けました。ロゴデザインは5本のラインで構成され、左から右にかけてラインの色が濃く、隙間が狭くなっています。薄く、弱く、隙間だらけの状態から、濃く、力強く、隙間が詰まっている状態に移行していく、つまり「価値の詰まった状態」の社会にしていくことを表現しています。

沿革

2014年

9月
株式会社 SQUEEZE を設立
10月
ベンチャーキャピタルから第三者割当増資にて1億円の資金調達を実施
11月
ホームシェア(民泊)のトータルサポート「mister suite」を開始

2015年

2月
  • 外国人旅行者向け、日本の旅行情報サイト「TRIPALS」をローンチ
  • 民泊ホストのための情報サイト「minpaku」をローンチ
3月
「mister suite」のダッシュボード(プラットフォーム)をローンチ
4月
京都・シンガポール・フィリピンでの運用サポート開始
8月
都市開発プロジェクト「HIVE TOKYO」運営サポート開始
9月
法人向け運用管理ソフトウェア「Voyage」のサービス提供を正式ローンチ
10月
高級レストラン予約決済「ポケットコンシェルジュ」と業務提携
11月
大阪での運用サポート開始
12月
  • マンスリープロジェクト「ART COCOON TOKYO」運用サポート開始
  • 民泊ホストのためのモバイルWiFiルーターレンタルサービス「Minpaku GO(ミンパク ゴー)WiMAX 2+ モバイルレンタル」提供開始
  • 事業拡大のためオフィス移転

2016年

2月
株式会社ディア・ライフと宿泊型マンション開発に向け業務提携
5月
ベンチャーキャピタル事業会社、個人投資家から約4.2億円の資金調達を実施
7月
「クラスベッソ西軽井沢」運営開始
8月
  • 主婦向けクラウドソーシング「シュフティ」と業務提携
  • 駐車場シェアリングサービス「akippa」と業務提携
9月
Airbnb公式パートナーigloohomeと業務提携、日本初AirbnbとAPI連携したスマートキーボックスの国内独占販売権を取得

2017年

2月
北海道・美瑛町の宿泊施設運営サポート開始
3月
事業拡大のためオフィス移転
4月
物件の短期貸しを一元管理できるクラウドツール「suitebook」をローンチ
 大阪でホテル運営開始